料金・ブーススタイル
出展者とバイヤーとの対面商談を基本とした、従来通りの出展形態です。3日間で、出展料金15万円とリーズナブルな価格に、商品を持ち込むだけで出展可能なパッケージを設定しており、新商品発表、新規販路開拓、年に一度の挨拶等、様々な目的・用途に応じて、逸品(一品)からでも気軽にご出展いただける機会です。

料 金:1小間 (縦2.0m×横2.0m) 150,000円 (税別) ※ スペースのみ

・公式割引 6小間以上:3%、10小間以上:5%、20小間以上:10%
・ 商品を持参いただくだけで出展可能な装飾プラン (25,000円~) に加え、特別装飾や展示物デザイン制作(パネル他)等、オリジナルデザイン制作を代行して、皆様の出展をサポートします。
1小間イメージ図
2小間イメージ図
3小間イメージ図
4小間イメージ図
エージェント出展サービス
■エージェント出展サービスとは
出展者ご自身は会場にお越しいただくことなく、設営から運営まで、全て事務局が代行する便利な出展方法です。
事前に商品とポスター、パンフレット等をお送りいただき、ご要望を指示いただければ、開催期間中は代理スタッフがブースに立ち、パンフレット配布、商品PR、関心いただいたバイヤー・商談対象者の名刺収集、そしてご要望に応じてオンライン・携帯電話を活用した商談を繋ぐ等、遠隔でスマートな出展を可能とするサービスです。
■イメージ図
     
■料金表
プランA
商品展示+代理人駐在
出展+利用料金
205,000

・展示スペース (W2.0×D1.0m)
・ブースセットアップ・クロージング
・バイヤー名刺及びコメント収集
・コンパニオン × 1名
・壁面パネル×2枚、社名板×1枚
・テーブル (W1.8×D0.6m) ×1台
・貴名受け × 1個
プランB
商品展示+代理人駐在+試食・試飲提供
出展+利用料金
225,000

・展示スペース (W2.0×D1.0m)
・ブースセットアップ・クロージング
・バイヤー名刺及びコメント収集
・コンパニオン × 1名
・壁面パネル×2枚、社名板×1枚
・テーブル (W1.8×D0.6m) ×1台
・貴名受け × 1個
・試食用共有キッチン×1枠
・試食容器 ×1式
プランC
商品展示+代理人駐在+リモート出展
出展+利用料金
275,000

・展示スペース (W2.0×D1.0m)
・ブースセットアップ・クロージング
・バイヤー名刺及びコメント収集
・コンパニオン × 1名
・壁面パネル×2枚、社名板×1枚
・テーブル (W1.8×D0.6m) ×1台
・貴名受け × 1個
・電気工事 (100V1.0kWまで)
・モニター (32インチ) ×1台
・パソコン (通信費込) ×1台
・WEBカメラ × 1個
出展者プレゼンテーション
セミナー、学会、会議、研修等、幅広い用途に応じて、「シーフードショー東京」会場内で、少~大人数まで収容可能な会議室を利用し、企業や商品PRを行うことができます。事前告知は、「シーフードショー」HP内、DM等を通じ広く行われます。開催後は、聴講者リストをご提供いたします。
■料金表
小会議室
(約20~30名収容可能)
利用料金
100,000

使用時間:2時間(準備、撤去時間を含む)
      
備品
・椅子40脚 (予備含む)
・プロジェクター1台
・スクリーン1台
・演台1台
・司会台
中会議室
(約50名収容可能)
利用料金
150,000

使用時間:2時間(準備、撤去時間を含む)
      
備品
・椅子50脚 (予備含む)
・プロジェクター1台
・スクリーン1台
・演台1台
・司会台
大会議室
(約100名収容可能)
利用料金
200,000

使用時間:2時間(準備、撤去時間を含む)
      
備品
・椅子90脚 (予備含む)
・プロジェクター1台
・スクリーン1台
・演台1台
・司会台
出展対象
魚介類
国内外で水揚げされた天然・及び養殖魚介類
水産加工品、シーフード惣菜
切身、焼き魚、煮魚、塩干物、缶詰・保存加工製品、冷凍食品、フライ、マリネ・スモーク製品、シーフード惣菜、かまぼこ・ねり製品、海藻麺、鰹節、昆布等の各種水産加工品
調味料・食品添加物
たれ、醤油、魚醤、塩、わさび、しょうが、お酢等の各種調味料ならびに食品添加物
水産加工機器・関連装置
カッター、スライサー、ダイサー、ミキサー焼き機グリル、骨抜き機、食品充填機、洗浄機器、乾燥機、スモーク機等の各種水産加工機械・関連装置
冷凍・冷蔵機器
冷凍・冷蔵機器、解凍技術、鮮度管理技術、製氷機器
包装・物流機器・サービス
水産物包装機械、包装資材、ラベリングマシーン、コンテナ、コンベア、魚輸送のロジスティックス、定温流通技術
HACCP対策用機器・サービス、食品衛生管理機器・設備、技術
殺菌水製造装置、海水殺菌装置、紫外線・遠赤外線・オゾン・マイクロ波殺菌装置、HACCP対策用プラント・エンジニアリング設備、シャッター、シート、エアシャワー、作業着、マスク、帽子、手洗い設備、各種洗剤・各種ブラシ・薬剤、殺菌・滅菌装置、衛生管理サービス、衛生管理資材
水産業界、水産市場近代化技術
商品管理システム、市場管理システム、トレーサビリティー、水産物から機能・医薬成分を抽出する技術、水産物から抽出した成分を医薬品、美容品や機能性食品に製品化する技術、水産物から抽出した電子・電機分野に応用する製品を開発する技術、水産物から産まれた機能性商品
厨房設備・調理器具
包丁、まな板、ラップ、コンロ、電子レンジ、シンク等の厨房設備・調理器具、魚関連商品ディスプレイケース、冷凍ショーケース、各種トレイ、POP・商品展示サポート商品
寿司ビジネス
寿司ロボット・製造機器、回転すしコンベヤー、しゃり製造機器、炊飯機器、寿司店舗サポート・ビジネス
陸上養殖・海面養殖技術
養殖管理システム、水質管理・計測器、紫外線・オゾン殺菌装置、漁場・養殖場・海洋環境保全機器、濾過器・水質浄化装置・水質改善剤、水槽、活魚輸送機器・技術、飼料・栄養剤・濾過商品、漁網・生簀網給餌装置/防疫関連/種苗関連、水中カメラ、漁船・関連機器
水産バイオマス、リサイクル
水産物焼却処理施設・関連装置、魚アラ・貝殻処理施設・関連装置、生ごみ処理機、発泡スチロール・プラスチック・断ボール減容・処理施設・関連装置、排水処理施設・装置、各種廃棄物処理サービス、水産におけるバイオマス、リサイクル技術
出版物
料理本、レシピ集、図鑑
来場対象
  • 小売業
  • 通信販売業
  • 外食業
  • 宿泊・集客施設
  • 中食業
  • 食料品製造業
  • 給食産業
  • 医療・福祉施設
  • 市場・卸・仲卸業
  • 食品商社・問屋
  • 貿易商社
  • 物流・運送業
  • 漁業・養殖業
  • 自治体・行政機関
  • 教育・研究機関
  • 関連技術
  • プレス
2021年開催結果
来場者分析
来場者総数

2021年11月8日(月)   

3,586

(前回3,112名)

2021年11月9日(火)   

3,938

(前回3,151名)

2021年11月10日(水)  

3,601

(前回3,163名)

        合   計         

11,125

(前回9,426名)

※来場者数は、入場時に受付にて登録いただいた方々の数です。
よって、複数日にわたってご来場いただいた方も1名としてカウントされています。

出展のメリット
ジャパン・インターナショナル・シーフードショーは、日本国内外の出展者とバイヤーとが対面にて商談をまとめて行くことを目的として開催されております。
毎年より多くの企業が出展しやすい様に、3日間で出展料金15万円とリーズナブルな価格設定をしています。また、商品を持ち込むだけで出展可能なパッケージなどもありますので、規模が小さいために出展を悩まれている事業者様は是非この様なサポートのご活用をご検討下さい。
毎年開催されるこの場を利用すれば、新商品発表、新規販路開拓、年に一度の挨拶等、様々な目的・用途に応じて、逸品(一品)からでも気軽にご出展いただく事ができます。
来場するバイヤーの方もシーフードに関係する専門家だけですので、毎年数多くの商談が行われるだけでなく、成約したとの嬉しい声も数多く頂いております。
是非、出展のご検討を頂ければ幸いです。
出展までの流れ(受付期間・申込方法)
■出展申込締め切り
  7月15日(金曜日)

■各種申込締め切り
  7月22日(金曜日)
  ・企業情報、出展商品情報
  ・ブース装飾関係、備品、厨房機器など

■各種申請締め切り
  7月29日(金曜日)
  ・試飲・試食、 裸火・危険物
  ※締め切り以後の追加がある場合はPDFをダウンロードの上でご記入頂きご連絡下さい。

■搬入日
  8月22日(月曜日)13時~17時(予定)
  8月23日(火曜日) 9時~17時(予定)
  ※特別装飾などで早めの搬入をご希望の場合は事務局にご相談ください。

■ジャパン・インターナショナル・シーフードショー開催
  8月24日(水曜日)~8月26日(金曜日)
  10時~17時(最終日は16時まで)

■搬出日
  8月26日(金曜日) 16時~20時(予定)

主催者・関連団体

Endoser/Co-operated Organization